カテゴリー別アーカイブ: プロミスの口コミ

メインのカードとしてお勧めです

クレジットカードは、いろいろとありますが私は楽天カードをお勧めします。年会費が無料という点、比較的カードが作りやすいという点、Edy等の対応、利用額に対して1%のポイント付与がある点で一般のカードよりもたまりやすいという点です。たまったポイントは、楽天の買い物などにご利用いただけます。ECサイト経由で入るとダブルでポイントがたまります。CMなどで有名なので、もっていて損はありませんよ。楽天市場は、ポイントアップセールもありますのでその時をねらって購入するとポイントがそらにたまります。楽天市場には、提携の店があります。普段よく利用する店もあると思いますのでそこの店で購入するとポイントがたまります。さらに、旅行や雑誌などもあります。プロミス審査 いろいろとキャンペーンやイベント・セールなども定期的にやっていますのでお得に高2乳が出来てポイントもたまって得ですよ。利用明細は、パソコンからでも確認することが可能ですが、スマートフォンのアプリでも確認が可能です。サークルKなどのコンビニや提携の店でもポイントがたまり総合利用が可能です。対応のお店では、スマートフォンをポイントカードとして利用することも可能です。

プロミスのカードローンを契約する上での注意ポイントとは?やはり、金利が高い?

プロミスと言えば、1990年代において大手消費者金融として台頭し、多くの債務整理や過払い金返還請求に耐えた実績があります。今では、三井住友信託銀行グループ傘下として貸金業を行っており、未だ大手消費者金融としてカードローンを提供しています。また、三井住友信託銀行グループになったことで、企業体質の強化が図られただけでなく、コンプライアンス問題にも注視しており、消費者金融の中でも優良企業となっています。

しかし、如何に企業体質が変化し、優良企業となっても貸金業とは慈善事業ではなく、高い金利が設定されています。以前は、出資法により上限金利が設定されていたものの、債務超過者を大量に発生させたため、利息制限法が制定され、事実上の上限金利は20%となっています。

そこに、プロミスが提供するカードローンについては金利が18%に設定されており、一見すると法律的に問題ない様になっています。ですが、三井住友銀行が提供するカードローンの場合、最大金利14.5%となっているため、プロミスよりも断然お得に利用することが可能です。

実は、プロミスの正体はSMBCコンシューマー・ファイナンス株式会社であり、三井住友銀行カードローンの保証会社となっています。そのため、直接プロミスのカードローンを契約するよりは三井住友銀行カードローンの方がおすすめであり、契約までに契約条件を確認する必要があります。金利3.5%の差は、長期利用において、大きな差が生じてしまいます。

プロミスの審査とキャッシングの流れ

大手キャッシング業者のプロミスは安定した一定の収入があればアルバイトでも学生でも主婦でも誰でも利用することができます。そんなプロミスの審査とキャッシングまでの流れがどういったものなのか、私の体験を元に話していきます。

私がプロミスを利用したのは大学生の時でした。アルバイトをしていて月に10万円程の収入があったのですが、私はプロミスの他から既に20万円の借入をしていました。そんな私ですが、プロミスに申し込んだら借入限度額10万円で審査が通って後は職場への在籍確認だけという段階で私は在籍確認の電話が職場にかかるのが不安でした。できれば避けたいことだったので素直にそのことを言うと、無人機に行ってアルバイト先の給料明細を提出してくれればそれで在籍確認が終了だからすぐに融資できると言われ、すぐに最寄りのプロミスの無人機に行って給料明細を提出し、その場でカードを受け取ったのでそのまま専用ATMに行き借入をしました。

審査とキャッシングはこのようにして終わりましたが、個人的な感想として審査をいつやってたのかわからないくらい迅速なものでした。そして20万円という借入を事前にしていたことは伝えていたのですが、私は収入が月に10万円もあるなんてことは伝えていませんでした。私は当時アルバイトを掛け持ちしていたので片方だけだと月に6万円程で、その給料明細しか提出していないのに審査が通ったのです。

一概に誰もがこのように簡単に審査が通るとは言えませんが、結構積極的に融資してくれるものだと思いました。

プロミスの自動契約機、ホームページでの申し込みについて

大手の消費者金融はどの業者も即日融資に対応していますが、プロミスは審査が最短30分で終了するので申し込みをしてから最短1時間で融資可能になります。そのためすぐにお金が必要で急いでいるという人には大きなメリットになります。

プロミスの申込方法は複数ありますが、主に自動契約機かホームページになります。自動契約機は駅前や国道沿いに設置されていて消費者金融の中でも設置台数が多いです。そのためすぐに見つける事が出来るのですごく便利です。自動契約機の中には契約機と電話が設置されていて画面のガイダンスに従って操作していきます。また不明点がある時は電話でオペレーターと会話する事が出来るのですぐに解決出来ます。自動契約機は1人で手続きをするのは不安だというイメージもありますが、比較的スムーズに済ませる事が出来るのですぐにお金を借りる事が出来ます。

自動契約機以外ではホームページから申し込む事が出来ますが、ホームページからだとWeb完結で出来てしまいます。申し込みから借り入れまでの手続きをインターネット上でする形になるので店舗や自動契約機で出向く必要がなくなります。また24時間いつでも申し込み可能なので自分の都合に合わせられるメリットもあります。